« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

電子レンジ

レンジの解凍機能は

でぇれぇ便利

カチコチに凍っとる肉も

あっというまに もどしてしまう

カチコチの心も

レンジに入れたら

やさしゅう溶かしてくれるじゃろうか

| | コメント (2)
|

ティーポット

紅茶の葉に お湯を注ぎゃぁ

ティーポットが

おなかで やさしゅう あたためてくれる

せぇで 葉っぱの トランポリンにもなって

たのしゅう遊ばせちゃる

しばらくしたら

葉っぱのええところを

全部 ひきだして

私のおなかも 満足させてくれる

| | コメント (4)
|

デジカメ

デジカメは うそをつかん

正直じゃねぇとおえん

と思うとる

うそも方便で

たまにゃぁ うそをついてくれてもえんで

私は 自分の顔を写すたんびに

お願いしとる

| | コメント (2)
|

こたつ

部屋のまん中で

どっしりと 居座っとる

そっと 近づいていくと

「やぁ いらっしゃい」

と中に入らせてくれる

じんわりと あったけぇ心で

私の体も心も

ぬくめてくれる

| | コメント (4)
|

雨音

雨が ふっとる

夜 ザーザーいう雨音を

ききょうると

なんか 哲学しとうなってくる

生きることの意味なんか

考えてみとうなってくる

| | コメント (2)
|

理想と現実

理想と現実はちがう

ゆうこたぁ

百も承知じゃけど

現実の中で

ちょっとでも 理想に近づけるように

生きていく

工夫したり

努力したりして

生きていきゃぁ

いつの間にか 理想に近づいとる自分に会える

| | コメント (0)
|

はよう しねぇ

「はよう しねぇ」 は

「早くしなさい」 の岡山弁。

きょうてぇ言葉じゃけぇ

びくりされるけど

子どもが小せぇ頃は

頭ごなしに よぉ言うてしもうた言葉。

今 この年になって

寄り道しながら のんびり進んでいくことも

大切なんじゃろうなぁ

って しみじみ思うようになった

あの頃は 私も若かったんじゃなぁ

けぇからぁ 子どもに

「はよう しねぇ」

を言いとうなったら

ちょっと 深呼吸してみゅうと思う

| | コメント (0)
|

いちご大福

20041 「大福に いちご が入っとんじゃってぇ」

私が まだ学生の頃

親友と2人で いちご大福の看板をみて

びっくりしたんを 覚えとる

「えー、ほんまにおいしいんじゃろうか

試しに こうてみゅうやぁ」

ゆうて もの珍しさにつられて

2人で こうてみた

食べてみりゃぁ

いちごの甘酸っぱさとあんこの甘さが

ちょうどええ感じ

意外と おいしかった

今日 スーパーで

いちご大福をみつけて

はじめて こうた時のことが なつかしゅう

思い出されたんじゃ

なんか うれしゅうなって

自分のために こうて帰ったんよ

”ひとり食いのうまさ”で

でぇれぇ おいしかったわぁ

あとから 子どもらに

「ずるぅい」と 言われたけどな

| | コメント (0)
|

ゆめ

Photo 果てしなく広がる 青い空

幼い頃 見上げては

夢をみゅうった

あの頃 みた夢は

かなわんかったけど

今また 新しい夢をもっとる自分がおる

「夢があれば生きられる」

ゆうて ゆうた人がおる

ほんまに そうじゃ

空がいつでもみれるように

心にも  いつも夢をもとう

| | コメント (0)
|

クロッカス

Photo 昨日の寒さがうそのように

今日は あったけぇ

春はこうして ゆっくりゆっくりやってくるんじゃろうなぁ

庭にでてみると

クロッカスが 愛らしい花を ひらいとる

あたたかなお日様に照らされて

土から顔をだすと

すぐに ぱっと目をさましたような クロッカス

鮮やかな黄色いクロッカスをみていると

いつのまにか 早春賦のメロディを

口ずさんどる私が おった

| | コメント (2)
|

生き方

勉強ができる とか

スポーツができる とかって

学生時代にゃぁ

重要なポイントじゃけど

大人になったら

どんだけ やわらけぇ心を

もっとるか とか

どんだけ 小さなしあわせを

みつけだせるか とかってことの方が

大切じゃと思う

きっと その方が

生き方は 上手になると思う

| | コメント (6)
|

粕汁

冬に逆戻りしたみてぇな

こんな さみぃ日は

粕汁を作ろう

コトコトと鍋をたいて

粕汁が ぎょうさんできあがった

なんだか 昔のテレビにでてくる

白い割烹着の似合う お母さんになったみてぇで

私の主婦歴も なごうなったなぁ

なんて しみじみ思うたんじゃ

| | コメント (2)
|

春の憂鬱

春がくるんは

でぇれぇうれしいんじゃけど

憂鬱なことが ひとつある

花粉症になることじゃ

ちょっとあったこうなってきたと思うたら

鼻水はでるし

くしゃみもでる

おまけに 目までかゆうなる

これさえなけりゃぁ

春は大好きなんじゃけどなぁ

花粉症にならん娘が

ほんまに うらやましいわぁ

| | コメント (2)
|

ふくろう

Photo 手作りキットをこうて

ふくろう を作った

しあわせが くるように願いながら

チクチク縫よったら

見本よりも ぽっちゃりした ふくろうが出来上がった

やっぱり 作る人に 似るんかなぁ

ぽっちゃりした ふくろうで

しあわせも たっぷり届くとええなぁ

と思っている

| | コメント (4)
|

ことば

相手が つれぇとき

かろやかな ことばじゃ

からまわりする

相手が たのしいとき

重てぇ ことばじゃ

しらけてしまう

口からでた ことばは

もどせない

選んだ ことばで

その人の 本当のやさしさが

みえてくるときがある

| | コメント (0)
|

おひなさま

今日 おひなさまを

ようよう だした

薄桃色のかわいらしい桃の花と

ひなあられを 添える

おひなさまは

にっこりと 微笑んどる

娘が生まれてから

はぁ 15回目の おひなさまじゃ

大きゅうなった娘を思うて

私も うれしゅうなってくる

おひなさまを だしただけで

こんなに 気分が 明るうなるんじゃなぁ

| | コメント (2)
|

玉ねぎ

玉ねぎは プレイボーイ。

まな板の上じゃぁ

泣かせといて

お皿の上じゃぁ

甘いことばを

かけてくるんじゃけぇ

| | コメント (2)
|

キャベツ

じいちゃんが 山からとってきたキャベツ。

料理しようと思うて

葉をはいだら

青虫がでてきた

キャベツの葉っぱは

人間にとっても

青虫にとっても

おいしいもんなんじゃなぁ

みんな 地球のなかま なんじゃ

人間だけが

ひとり占めしちゃぁおえんよなぁ

キャベツも

地球も

| | コメント (0)
|

やさしい愛で

Photo やさしい愛で

あなたを包みたい

ぽかぽかとあったけぇ

お日様みてぇに

どっしりと支えてくれる

土みてぇに

のどの渇きをうるおしてくれる

水みてぇに

あなたの心を うるおしてあげたい

地球のような

やさしい愛で

そっと あなたを包みたい

| | コメント (2)
|

太陽のにおい

「太陽のにおいがする」

とりこみたての洗濯物をかかえて

5歳の息子が言った言葉

へぇー、けっこう詩的なこというもんじゃなぁ

方言詩しかかけんかあちゃんは

もう負けそうじゃぁ

もうすぐじゃな 1年生

1年生になって字が書けるようになったら

詩を書いてみるかなぁ

でぇれぇ ええ詩ができるかもしれん

天才少年 目指せ中原中也ゆうて

騒がれるかもしれんでぇ

まっ そんなわけねぇか

やっぱ かあちゃんも親バカじゃなぁ

| | コメント (3)
|

バレンタインデー

Photo  「好きです」

たった 4文字が 言えんで

チョコレートに 思いをこめる

| | コメント (0)
|

買い物

散歩も兼ねて

ありぃて買い物に行く

ついつい あれもこれも

こうてしもうて

エコバッグ いっぺいになってしもうた

行きは よいよいじゃけど

帰りは 重てぇバッグをさげて

ひぃひぃ ゆうて帰ったんじゃ

歩くんは 買い物の少ねぇときに

せんとおえんなぁ

| | コメント (2)
|

庭のお客さん

Photo_2 じいちゃんが 庭にエサ台を作って

柿のずくしたんを おいとったら

今日 お客さんが2羽

なかよう食べにきとった

メジロのお客さんじゃ

柿をつっついて

おいしそうに食びょうる

小せぇ かわいいお客さんの訪問に

私の心も なごんだんじゃ

| | コメント (2)
|

チューリップの芽

Photo 重い土をはねのけて

にょきっと 顔をだした

チューリップの芽

春の光を浴びて

日ごとに 大きゅうなっていく

4月には

かわいいチューリップの花に 会えるかなぁ

うれしい春は

すぐそこまで きとる

| | コメント (0)
|

かすみ草のように

白いかすみ草って

それだけじゃぁ あまり売られとらん

じゃけど 赤いバラなんかの周りに束ねてやると

ただ それだけで 華やかさを増すじゃろう

それは かすみ草が

ひと花 ひと花

精一杯 咲いて輝いとるから

自分を大事にしとるから

目立ちすぎず

卑屈にならず

他のもののためにも生きられる

そんな かすみ草のような女に

私は なりたい

| | コメント (2)
|

もうすぐ春

あったこうなってきたけぇ

久しぶりに 散歩してみる

お日様の光を浴びて

てくてく 歩きゃぁ

なんか気分もようなってくる

冷てぇ風に 凍えとった心が

とけだして

前へ 前へ と進みとうなってくる

| | コメント (2)
|

ホトケノザ

Photo_2 空き地や道端で咲いとる ホトケノザ

庭を彩る花じゃねぇけど

なんか かわいい

私も とびっきりの美人には

なれんけど

なんか かわいい

って言われるように なりてぇなぁ

| | コメント (0)
|

Photo 散歩道に 梅の木がある

白いかわいい花を

枝々につけて ドレスアップしとる

春のおしゃれを 先取りしとる

| | コメント (0)
|

水仙

Cimg2746 「水仙の香りが好きなんじゃぁ」

が よおったんを思い出して

の水仙を 玄関に飾る

凛とした水仙の あまい香りが

ふわっと ひろがった

| | コメント (0)
|

立春

Photo_2 前日の 冷てぇ雨が

うそみてぇに

今日は 春の光がふりそそいどる

あったこうて

庭の ふきのとうが ひとつ

顔を のぞかせた

| | コメント (0)
|

爪を 切りすぎたら

ケータイのメールが

しにきぃ

そんなことに 気づいた

雨の日の 午後

| | コメント (0)
|

ありがとう

将来の夢を 語りおうたり

好きな人のことを しゃべったり

毎日 とりとめのない話をしていたね

いつだったか

私が 悩んどったときは

だまって話をきいてくれたね

いつも いつも 一緒じゃったね

あなたのおかげで

今 私は 元気です

ほんとうに ありがとう

| | コメント (0)
|

節分

「鬼は外 福は内」

大声で言いながら

じいちゃんと子どもといっしょに

家族4人で 豆をまく

なんか楽しゅうなって

心がはずむ

ほら もう福がきた

| | コメント (0)
|

あまからせんべい

あめぇもんばぁたべりゃぁ

かれぇもんが ほしゅうなる

かれぇもんばぁたべりゃぁ

あめぇもんが ほしゅうなる

そんなときにゃぁ あまからせんべい

パリポリポリ

人生も

あめぇばぁじゃぁ たいくつで

かれぇばぁじゃぁ つらすぎる

じゃったら やっぱり あまからせんべい

パリポリポリ

よくばって いっぺんにほおばりゃぁ

かれぇばぁじゃけど

いっこずつよーかんでたべりゃぁ

あもうておいしい

あまからせんべい パリポリポリ

| | コメント (2)
|

絵文字

初出勤の感想を 

メールできいたら

絵文字入りの

明りぃ返事が返ってきた

「父ちゃん 結構楽しそうじゃなぁ」

子どもらと みて笑う

こんな会話も

新鮮じゃな

と思う

| | コメント (0)
|

ノート

文庫本サイズのノートをこうて

持ち運びょうる

いつでも思いついた ことばを書いていく

詩を考えるのは

ノートにペンで。

アナログのほうが

私の心に おうとるみてぇで

| | コメント (2)
|

ブログ

「やりゃぁ ええが」

って あなたの了解をとって

始めたブログ

「あっちでは パソコンみる暇はねぇ」

って 言ったから

安心して書き込める

みてたら

照れくそうて 書けんようになる

| | コメント (0)
|

あふれでてくる 詩が

人の心をうつかどうか

そんなことは わからんけど

ただ

私の心の 安定剤には なっとる気がする

| | コメント (0)
|

生まれるときも

死ぬときも

人は ひとりじゃ

じゃけぇ せめて

この世におる間は

ぎょうさんの人と つながって

絆を作っていたい

| | コメント (2)
|

3年

さみぃ さみぃ ようっても

じきに 春が来て

あちぃ夏が くるんよなぁ

1年なんて あっという間じゃ

あなたのおらん3年も

あっという間に たつんかなぁ

| | コメント (0)
|

陽だまり

陽だまりに おったら

そこだけ もう春になっとる

ぽかぽか あったこうて

猫になったみてぇに

のびをしてみた

| | コメント (0)
|

メール

私より早起きじゃから

モーニングコールは いらんし

私より料理も上手じゃから

食べることも 心配いらん

寒がりの私とちごうて

寒さには強いあなたじゃから

たぶん大丈夫

朝 テレビの天気予報で

東京の空を気にかけたり

お酒の飲みすぎを心配することくらいしか

私には できんけど

せめて メールで

「行ってらっしゃい」

を送ろう

| | コメント (0)
|

単身赴任

1人欠けた 4人分の夕飯を作りながら

「あの人は 今頃 どうしょうるかなぁ」

なんて考えとる

婚約時代を思い出して

これはこれで

悪くはないかな

なんて 思っている

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

書くこと

子どもが受験じゃからって

詩を書くことを

しばらく休んどった

へぇでも

書かんと 心がもやもやしてくる

書くことで 心の整理をしょうったんじゃなぁ

なんて あらためて思い知る

やっぱり 詩を書こう

子どもたちが がんばっとるときに

私も 好きなことをつづけよう

書くことで

小さなしあわせを みつけていこう

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

がんばれんとき

なんか気がのらんで

がんばれんときも

あるわなぁ

はたからみりゃぁ

さぼっとるようにみえても

がんばれんときって

あるよなぁ

イライラして

文句を言いそうになる私に

心の中の

もうひとりの私が 言いきかせとる

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

希望のうた

 

200811 ああなりゃぁ ええなぁ

ゆめみることは 

希望をもつこと

明日を生きるのに

希望がありゃぁ

今日を大切にできる

希望が叶ったら

新しい世界で

はばたいとる 自分に会える                                       

「ぽあら」の作品

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »