« もうすぐ春 | トップページ | チューリップの芽 »

かすみ草のように

白いかすみ草って

それだけじゃぁ あまり売られとらん

じゃけど 赤いバラなんかの周りに束ねてやると

ただ それだけで 華やかさを増すじゃろう

それは かすみ草が

ひと花 ひと花

精一杯 咲いて輝いとるから

自分を大事にしとるから

目立ちすぎず

卑屈にならず

他のもののためにも生きられる

そんな かすみ草のような女に

私は なりたい

|
|

« もうすぐ春 | トップページ | チューリップの芽 »

「詩とメルヘン」掲載作品」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます。この詩は「詩とメルヘン」2001年4月号に掲載されたものです。あの頃から、まだかすみ草のような女にはなれていないような・・・これからも、がんばらなくっちゃwink

投稿: こぐま | 2009年2月 6日 (金) 15時02分


僕も同感です。
まっすぐなまなざしが
さわやかで輝いていて素敵です。

投稿: ともしび | 2009年2月 6日 (金) 12時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もうすぐ春 | トップページ | チューリップの芽 »