« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

ぬか漬け

ぬか漬けをしようと思うて

スーパーで

ぬか床をこうてきた

早速

きゅうりと大根を漬ける

冷蔵庫で20時間ぐれぇ漬けんと

おえんらしい

おいしぃんができるかなぁ

わくわくしぃしぃ

私も床につく

朝が待ち遠しい

やっと迎えた朝食に

きゅうりのぬか漬けをだす

つかり方が ちぃと浅かったけど

どことのう ぬかの風味があって おいしい

息子もパクパク食びょうる

ぬか床をだめにせんように

せっせと かきまぜんとおえんなぁ

ぬかみそ臭いおふくろ

って言われるんも わるうはねぇかなぁ

と思っている

| | コメント (0)
|

川のそばを 歩く

キラキラ キラキラ

水面が 光る

魚が群れになって

泳ぎょうる

夏への扉が

ひらく

あぁ 私も魚になって

思いっきり 泳いでみてぇ

| | コメント (1)
|

蚊取線香

Photo 「そろそろ 蚊がでだしたけぇ

蚊取線香 たくわぁ」

娘が言う

今年はじめての 蚊取線香を

ベッドの下において

一晩たった朝

「蚊取線香に いぶされちゃった」

と ほんのり 線香の匂いを

ただよわせながら

起きてきた娘

じいちゃんが

「わりぃ虫が つかんでえかろう」

と 笑う

おだやかな 朝のひととき

| | コメント (0)
|

本との出合い

ターシャ・テューダーの

初期作品の復刻版を 書店でみつけた

ちぃとたけぇけど

ほしゅうて すぐにこうた

自然の中で 家畜を育て

自給自足の生活をしょうった ターシャ

誰よりも 自然の厳しさと美しさを

知っとったんじゃろう

絵本は 現代人の忘れたなにかを思い出させてくれるようで

こうてよかった とつくづく思うた

ほしい と思える本に出会うことは

私の人生をより豊かにしてくれている

| | コメント (2)
|

バランス

Photo 空を飛ぶ鳥

羽ばたくのを やめたら

おちてしまう

へぇでも

ずっと 飛び続ける鳥は おらん

木にとまって

ひと休み

羽ばたくときと

休むとき

そのバランスが

大事なんじゃろうなぁ

| | コメント (0)
|

ええこと

Photo  ええことが ひとつあったら

 心のノートに メモして

あの人にも 分けてあげよう

ふたつ たまったら

あの子にも 分けてあげよう

そうして

ええことを分かちおうたら

心のノートは

何倍もの ええことで いっぱいになる

| | コメント (0)
|

老夫婦

そっと 日傘をさしかけるおばあさん

寄り添いながら ゆっくり歩くおじいさん

道で出会うた老夫婦

後ろ姿をみただけじゃったけど

ほのぼのとした あったけぇ気持ちになった

何年もの 夫婦の歴史が

その後ろ姿に あらわれとる

私も 主人と

あんな風に年老いていけたらええなぁ

何十年か後も

2人で寄り添いながら歩ける夫婦に

なれるとええなぁ

| | コメント (0)
|

そら豆

紫陽花の花が咲き始めた頃

近所の友達から そら豆をぎょうさんもろうた

早速 しょうやくする

大きなさやをあけると ふかふかのふとんのような綿に

包まれたそら豆が なかよう顔をだす

3人兄弟もおりゃぁ 1人っ子もおって

それぞれ並んで寝とる姿をみると なんとも愛らしい

いろんなそら豆をみるんが楽しゅうて

ついつい みな しょうやくしてしもうた

ふと手をみりゃぁ

爪は 真っ黒になって なんぼう洗うてもおちりゃぁへんが。

自然の色に染められた手は

今はおらん大けぇばあちゃんの手を思い出させた

野菜のしょうやくを ようしょうったばあちゃんの手は

もっと ごつごつしとって 土の色に染まっとった

野菜のしょうやくやこう めんどくそうてたいぎじゃ

と思うて めったに手ごうせんかった私の手は

あいかわらず うすっぺらで 爪もやらけぇ

でも今日 そら豆のしょうやくをしてみて

やっと収穫を喜ぶばあちゃんの気持ちが ほんの少しわかったような気がした

もしかしたら 自然とともに生きてきた昔の人の愛の深さは

現代の私たちより深かったんじゃねぇじゃろうか

そんな風に思うたら そら豆で黒く染まった爪が

ちょっと誇らしゅうさえなった

| | コメント (2)
|

ミニバラ

娘が 小学校2年生の頃

「バラの花が ほしい」

ゆうて こうたミニバラの鉢。

結局 育てるんは

じいちゃんじゃけど

7年たった今でも きれいに咲てくれる

小さな真紅のバラは

娘の成長を 見守ってくれとるかのように

5月の庭で

ぎょうさん 花ひらき

美しゅう 輝いている

| | コメント (0)
|

着付け教室

娘に 浴衣を着せてやりとおて

今日 着付けをなろうてきた

不器用な私にゃぁ

ぜってぇムリじゃ と思うとったけど

やってみゅう と思うたときに

やらにゃぁおえん

と言い聞かせて 習いに行く

帯の結び方は むずかしいけど

できたときは ほんまにうれしい

娘が かわいい浴衣で

夏祭りに行けたらええなぁ

学校から帰ってくる娘に

はよう着せてみとうて

今から わくわくしとる

| | コメント (0)
|

遅咲きの花

庭の みやこわすれが

どれも散ってしもうた頃

1本の みやこわすれが咲いた

遅咲きの みやこわすれは

1本だけで

みしそうじゃったけど

やっと花開いた今という時を

精一杯 輝かせとるようじゃった

人もまた

遅咲きの人生もある

仲間が成功しとる時も

あせることなく

自分の道を

歩いていけば

この みやこわすれのように

輝く瞬間は

必ず 訪れる

そう信じている

| | コメント (0)
|

熱中

フライパンを洗うて

熱したら

水が ホバーリングするみてぇに

スイスイ転がりだした

人も何かにあつうなったら

ホバーリングするみてぇに

スイスイものごとが

転がっていく

熱中することで

人生の荒波も

のりこえていける気がする

| | コメント (5)
|

再会

ラジオから なつかしい曲が

流れてきょうる

ふっと 学生時代の思い出が

色鮮やかに よみがえる

あの頃の私に 再会できたような気がする

| | コメント (0)
|

新学期

「5月病じゃわぁ」

娘が ポツンと言う

元気そうにみえても

新しい生活の疲れが

でてきょうる

ゲームをして 気晴らしをしょうる

「もうちょっとすりゃぁ 慣れてくらぁ」

私も 高校時代を思い出しながら

ひと声かける

| | コメント (0)
|

お豆さん

さやから

ポンッと とびだす お豆さん

きれいな緑の粒は

天の恵み

大地の恵み

じいちゃんが 育ててくれたおかげ

収穫の喜びを味わいながら

ひと粒 ひと粒が

いとおしゅうなった

| | コメント (0)
|

5月の妄想

湿度が低いと

こうも空気が さらっとするもんじゃろうか

ここんところ

さわやかな空気に包まれて

すごしやしい

日中の外は あちぃけど

家の中におったら

ほんまに快適じゃ

大好きな本を読みながら

まるでハワイにおるみてぇ

なんて 行ったこともねぇのに

そんなことを思う

ひとり ハワイの木陰で 本を読んどる妄想を

ふくらませとる

| | コメント (0)
|

夏のはじまり

山の緑が

美しさを増してくる頃にゃぁ

日差しも強おなって

夏がはじまる

半袖シャツを着て

自転車を走らせりゃぁ

風が 素肌に気持ちええ

ふと空を見上げると

ぽっかり浮かんだ白い雲が

私を 見下ろしていた

| | コメント (0)
|

さくらんぼ

春にきれいな桜の花を

みせてくれたあと

初夏に 生まれてくる さくらんぼ

双子のさくらんぼは

かわいらしゅうて

食べるんが もってぇねぇよぉなわぁ

へぇでも ひとつ 口にほおばる

あまずっぱいさくらんぼの香りが

口にひろがって

さわやかな 初夏の空気と とけおうた

| | コメント (0)
|

夏の風

Pc 夏の匂いのする風を

体いっぱいにうけながら 歩く

濃い緑の中を

つばめが とんでいる

あまがえるも みつけた

緑の中で 深呼吸すりゃぁ

私も 生まれる前は

自由な風 じゃったような気がしてくる

| | コメント (0)
|

母の日

Photo 今日は 母の日

シュークリームを作ってみゅう

と思うて とりかかる

初めて作ったシュークリームは

ぷっくらふくらんで大成功かと思うたら

底がのうて やっぱり失敗じゃった

せぇでも 母を招待して食べてもらう

「クリームが あもうておいしいし

シュー皮もおいしいよ」

ゆうて 喜んでくれた

いつまでも元気な母がおってくれるんは

しあわせなことじゃ

そのうえ

私には 子どもらが 風呂掃除をしてくれたり

プレゼントをくれたり

これまた しあわせなことじゃった

| | コメント (0)
|

片岡球子展

今日は 岡山県立美術館の

片岡球子展に 母と2人で行ってきた

年1月に 103歳で亡くなった日本画家 片岡球子さんの作品は

魅力的で ひきつけられる

年を重ねるごとに

鮮やかな色使いと 独創的な作風になってきとるようじゃった

富士山の絵が すてきじゃった

78歳から挑戦した裸婦シリーズは

90歳まで描きつづけりゃぁ うもうなるじゃろう

ゆうて描きつづけたらしい

すげぇなぁ

私も年をとるんが楽しみになってきた

けぇから まだまだなんでもできるような気がしてきた

私も 片岡球子さんみてぇに

死ぬまで 好きなことをつづきょうと思う

| | コメント (4)
|

家族

家族は 社会で1番小せぇ共同体じゃ。

うちは 80歳から15歳までが

いっしょに暮らしょうるけぇ

時々 めんどくさいこともある

家族じゃけぇ ゆうても

言うちゃぁおえんこともある

ひとりひとりが

ちょっとずつ 気をつかいながら

いっしょに暮らしていく

家族の和は

そこから うまれてくる

| | コメント (0)
|

オレンジ

くだものナイフで カットして

食べたら 食べやしぃ

でも ときどき

みかんをむくみてぇに

皮をむいて 食べとうなる

オレンジのおいしさを

丸ごと味わいとうなって

ちょっと ワイルドに食べてみてぇときがある

| | コメント (0)
|

ゴールデンウィーク

遠出する予定はねぇけど

ゴールデンウィークって ええなぁ

朝ゆっくり起きて

近くのお店に 娘と母と女3人で

ショッピングに行って

半日 ブラブラして帰る

いつもの決まった行動パターンから

ちょっとちがうことをするだけで

新鮮な気分になる

明日は何をしようかなぁ

ゴールデンウィーク最後の日を

どう過ごそうか 考え中じゃ

| | コメント (0)
|

すずらん

Photo すずらんって

愛らしい形の花

鈴にフリルをつけたみてぇ

庭の片隅で

チロチロと咲いている

花瓶に生きょう思うて 切ろうとしたら

意外に しゃんとした茎

びっくりした

もっと弱々しい茎じゃと思うとったけぇ・・・

ほんまにかわいらしい女性ゆうんは

すずらんみてぇに

みかけだけじゃのうて

軸のしっかりした人のことなんじゃろうなぁ

5月の庭で

すずらんが

今日も

チロチロと咲いている

| | コメント (2)
|

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »