« 熱中 | トップページ | 着付け教室 »

遅咲きの花

庭の みやこわすれが

どれも散ってしもうた頃

1本の みやこわすれが咲いた

遅咲きの みやこわすれは

1本だけで

みしそうじゃったけど

やっと花開いた今という時を

精一杯 輝かせとるようじゃった

人もまた

遅咲きの人生もある

仲間が成功しとる時も

あせることなく

自分の道を

歩いていけば

この みやこわすれのように

輝く瞬間は

必ず 訪れる

そう信じている

|
|

« 熱中 | トップページ | 着付け教室 »

2007年方言詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 熱中 | トップページ | 着付け教室 »