2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

のっぽのみー

イラストレーター・山本あき子

ぽあらの心語り

JUBILEE

  • JUBILEE
    ぽあら の作品を販売してもらっています。

岡山人ブログ

時空モノガタリ

こぐまの日記

あんどん

  • あんどん
    レンタルボックスをお借りしているカフェです。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

雨音

しとしと

ぽつり ぽつり

ぱら ぱら

ざぁざぁ

雨って

心のつぶやきにも

きこえてくる

ざぁざぁ 激しゅう涙するときもありゃぁ

しとしと おだやかな気分の日もある

今日は 雨降り

雨音に そっと耳を傾けてみよう

2009年6月27日 (土)

梅雨の晴れ間

どんよりとした気分が

いっきに ふきとぶ

洗濯物も ぎょうさんできるし

布団も干して

スクーターで 街まで行ってみよう

期間限定の商品を

手に入れたように

ちょっと得した気分になる

2009年6月26日 (金)

直感

「ものごとを直感で決めると運がようなる」

ゆうて ある本に書いてあった

自分の気持ちに正直に

「こっちのほうがええなぁ」

と思うことを 選んでいく

自分の直感を信じて

流れにまかせていくと

いつのまにか

夢が叶っとったりするんじゃって。

たしかに直感に逆ろうて決めたことって

うまくいかんかったなぁ

パッと感じたことに

敏感になって

ええ人生を 歩んでいこう

2009年6月25日 (木)

200円

Photo 今日 スーパーで

ガチャガチャをみつけた

小せぇ頃 10円じゃったのに

今は 200円もすんじゃなぁ

200円に ちょっとためろうたけど

宝くじをこうたと思うて

お金を入れた

財布に入れるお守りじゃけど

”合格祈願”

がでてきた

受験は しばらくねぇけぇ

我が家の しあわせ検定に合格するように

大事に もっとこう

2009年6月24日 (水)

アロマオイル

前から気になっとった アロマオイルを

こうてみた

グレープフルーツの香りで

ハンカチに2滴ほどたらすと

柑橘系のええ香りが

鼻をくすぐる

梅雨時の うっとうしい気分も

アロマオイルのおかげで

すっきり さわやかな気分になる

2009年6月23日 (火)

全力

全力で 打ち込んだんなら

結果がだめでも

なんか得るもんが あるじゃろう

へぇでも

中途半端なやり方じゃったら

結果がようても

いつか痛い目にあうような気がする

2009年6月22日 (月)

家へ帰ろう

幼い頃

外で 夢中で遊びょうった

空が茜色に染まり

鳥たちが 西の方にとんでいく

ふっと家が恋しゅうなる

さぁ 家へ帰ろう

家へ帰ると

夕食の準備をしている母。

ええにおいがしてきょうる

家って なんだか安心する

幼い頃の思い出は

今も 私の心を照らしてくれている

2009年6月21日 (日)

ゴーヤ

Photo 庭のゴーヤに実がなっとるのに

今朝 気づいた

かわいいゴーヤの赤ちゃんが

ぶらさがっとる

こんな小せぇゴーヤが

もうちょっとしたら

苦味ばしった しぶいおじさんゴーヤになるんじゃなぁ

今から おじさんゴーヤに会えるんを

楽しみにしとる

2009年6月19日 (金)

梅雨

梅雨入りしたのに

ここんところ ずっと雨が降らん

真夏のような お日様が顔をだしとる

日曜日ぐれぇから

雨が降るじゃろう

ゆうて 天気予報がようる

「はよう 日曜日がこんかなぁ

雨のシャワーを浴びりゃぁ

もっときれいに輝けるのに・・・」

ゆうて 庭の紫陽花が つぶやいとる

花嫁の涙

Photo 真っ白い

ウエディングドレスに包まれ

花嫁は涙をこぼす

その涙は

生まれたての赤ちゃんが

はじめて流す涙ににとる

けぇからの人生を

愛する人と歩み始める

決意の涙のようにみえる

2009年6月18日 (木)

思い出

過去に出会うたいろんなことが

今の私を 作っとる

思い出は

私という人間の 成分じゃ

思い出を大切にして

今を生きりゃぁ

やがて 訪れる未来も

きっと すてきなものになる

そんな気がしている

2009年6月17日 (水)

「行ってらっしゃい」

Jpg 朝 学校に行く子どもらに

心をこめて

「行ってらっしゃい」を言う

学校で しっかり勉強してくるように

友達と仲良う遊んでくるように

帰り道で ケガをせんように

今日という日を

思う存分 楽しんできますように

そんな願いをこめて

毎朝 くり返し言う言葉。

「行ってらっしゃい」

2009年6月16日 (火)

「海よりも ひれぇもんって何じゃと思う?」

「それは 心なんで」

得意げに あなたが言うから

私も同じこと思うとった

って よぉ言わなんだ

あのときから

2人

似たもの同士じゃったんじゃなぁ

2009年6月15日 (月)

びわ

じいちゃんが 山から びわ をとってきた

袋かけが大変じゃ

ゆうて よおったけど

ぎょうさんの びわがなって うれしい悲鳴じゃ

袋をあけて

中からおいしそうなびわを

とりだすときは

宝の袋をあけるみてぇで

わくわくする

食べきれんぐれぇあるけぇ

あもうておいしいびわを

みんなに お福分けしとる

2009年6月14日 (日)

私と方言詩

内気で

恥ずかしがり屋で

怒ると すぐふてくされる

幼い頃の私は

そんな子じゃった

大人になっても

まだ直っとらんところが

ぎょうさんある

でも 方言詩と出会うてから

しあわせ探しが

少し上手になった気がする

見過ごしそうな しあわせを探して

今日も 台所で

方言詩を 考えている

2009年6月13日 (土)

つづける

Photo ひとつのことを つづける

すきなことを つづける

すると

認めてくれる人が でてくる

いつのまにか たのしゅうなる

上手になる

まだまだ

そのことを つづけるようになる

やがて

そのひとつのことは

その人の 生きがいになる

2009年6月12日 (金)

心の樽

ウィスキーやワインは

ねかせるほど おいしゅうなる

夢も

ねかせるほど 大きゅうなる

じゃけぇ

叶えてぇ夢は

心の樽で じっくりねかせとこう

2009年6月11日 (木)

知らんこと

大人になっても

知らんこたぁ ぎょうさんある

当然 知っとるはずのことを知らんで

恥をかくこともある

もっと勉強しときゃぁよかった

と つくづく思う

でも 考えよおによったら

知らんことがある

ゆうこたぁ

かしこうなるチャンスも

まだまだある

ゆうことじゃけぇ

こんな私も 悪くはない

2009年6月10日 (水)

白い広告

小せぇ頃

裏の白い広告に

よう絵を描いて遊びょうった

今日 そのことを思い出して

裏の白い広告を束ねて ノートを作った

つるつるした広告の裏に

詩を書きょうったら

あったかかった昭和の時代が思い出されて

なつかしゅうなった

2009年6月 9日 (火)

好きなことば

心が もやもやして

わけもなく不安になることがある

今のままで えんじゃろうか

新しいことを 始めるべきじゃろうか

迷いが 心をくもらせる

そんなときは 相田みつをさんのことばを 思い出す

”しあわせは いつも自分の心がきめる”

自分の心を みつめてみる

ほんなら 自然に心が晴れてくる

迷いが 消えていく

好きなことばが ひとつでもあると

心は 救われる

2009年6月 8日 (月)

ゆりの花

Photo 「ゆりの花の花粉は

くっついたら洗うても おちんよ」

ゆうて 母がよおった

自分の存在を

主張してまげん

そんな強さを花の芯にかくして

可憐に咲く ゆりの花

私も可憐で強い

ゆりの花を 見習いてぇと思う

2009年6月 7日 (日)

らっきょう

じいちゃんが 山からとってきた らっきょうを

母をよんで いっしょに しょうやくする

先とおしりを包丁で切って

皮をむいで 洗っていく

手間はかかるけど

体にええ らっきょう漬けを作るため

2人で せっせと しょうやくしていく

結婚してからも

家がちけぇけぇ

こうして母と2人でできるんは

ほんまに うれしい

できあがった らっきょう漬けを食べて

みんなが元気に 夏をのりきれると ええなぁ

2009年6月 6日 (土)

少女の夢

Photo 保育園へ毎日行くんは 大変じゃ

お昼寝は 大っきらい

ゆうちゃんとけんかして

先生に叱られたりする

じゃけど

ひまわり先生は

保育園のお母さんみてぇで

大好きじゃ

私 大きゅうなったら

保育園の先生になりてぇ

2009年6月 5日 (金)

がくあじさい

Photo 星型の 小花をちらして

6月の庭を彩る がくあじさい

雨にうたれりゃぁ

ますますきれいに 咲き誇る

まるで

挫折した人の方が

心は きれいになれるんじゃ

ゆうて 励ましてくれとるみてぇに・・・

2009年6月 4日 (木)

願い事

書道が うもうなること

浴衣を 着せれるようになること

ぬか漬けを おいしゅう漬けれること

「若くみえるね」 ゆうて言われること

ブログのアクセス数が ふえること

そして

せめて月1回は あなたが帰ってこれること

柿の実

Photo 庭の柿の木に

小せぇ かわいい 柿の赤ちゃんを

みつけた

まだ青い柿の実が

秋には あこう熟れて

あまいおいしい柿になるんじゃなぁ

さるかに合戦の カニさんのように

はよう 柿の実が熟れりゃぁええなぁ

と ねごうとる

2009年6月 3日 (水)

なんもねぇ日

なんの用事もねぇ日

外は雨降り

そんな日は

家で ゆったりCDを聴く

娘がこうてきたRADWINPSのCDは

のりがようて うきうきしてくる

ちょっと落ち着きとうなったら

コブクロさんのCDを聴く

そして ノートを片手に

思いを綴っていく

心をみつめて

じっくり考えて・・・

いつのまにか こんな詩を書いとった

四つ葉のクローバー

Photo 四つ葉のクローバーを みつけると

しあわせが 身近になった

しあわせ なんて

どこででも

さがす気になりゃぁ みつけれるんじゃ

ゆうて 四つ葉のクローバーが

ささやいてくれるから

2009年6月 2日 (火)

いつでも心に 花を咲かせられたらええなぁ

うれしいときは 太陽に向かって咲く ひまわりのような

悲しいときは 道端に咲く たんぽぽのような

苦しいときは 雨に打たれる 紫陽花のような

怒っているときは 凛とした 水仙のような

そんな花を 咲かせられたらええなぁ

心に咲く花で

自分の人生を彩られたら

こんなにしあわせなことはない

2009年6月 1日 (月)

サラダ

体の中から きれいになりとうて

緑の野菜を

わしわし食べる

青虫になったつもりで

どんどん食べる

体が自然の一部になったみてぇな

気がしてくる

そして

いつの日か

きれいな蝶に生まれ変われるような

そんな気がしてくる   にほんブログ村 ポエムブログ 素直な詩へにほんブログ村

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ