« 短歌 | トップページ | 短歌 »

短歌

節分の豆をまいたらわたくしの心の鬼がでていきました

寒かった1月のことがうそみたいぽかぽかとした立春の午後

春めいてやたら眠気がおそいます横になったらついついうとうと

好きという気持ちがあればあとはただ人の目なんて気にしないこと

予報では午後から雨とでています乾いた心もうるおしてほしい

連休になっても風邪は治りませんひとり布団で眠っています

|
|

« 短歌 | トップページ | 短歌 »

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 短歌 | トップページ | 短歌 »