« かしこい心 | トップページ | 短歌 »

短歌

角川短歌に投稿していた短歌を書きます。

投稿していたんですが選ばれていませんでした。

でも、めげずに、これからも、投稿を楽しんでいきたいと思っています。

男親と息子はどこもこうなのかいつも私が会話をつなぐ

ささやかな喜びをみつけ歌にする私が私でいられるように

夢叶いひと足早く春の風駈け出して行く娘の背中

年下の友のおなかのふくらみがしあわせの重み思い出させる

でした。

にほんブログ村 ポエムブログ 明るい詩へ

|
|

« かしこい心 | トップページ | 短歌 »

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« かしこい心 | トップページ | 短歌 »