« 雨の妖精 | トップページ | ゆめちゃん »

日曜日の朝

 日曜日の朝。えりちゃんは、いつもより早く目が覚めます。

なぜだかわからないけど、早く起きてしまうのです。

お父さんもお母さんも、日曜日は仕事が休みなので、ゆっくり寝ていたいらしいです。

えりちゃんが、起こしにいくと、「えー、もう起きたの?もう少し寝ていなさい。」

なんて、いつもとは、全然違うことを言うのです。

仕方なくえりちゃんは、布団にもぐるのですが、一度、目がさめてしまったら

もう眠れません。布団をはねとばして、服を着替え、靴をはくと、朝の散歩に

でかけました。いつも、学校に行くときに歩いている道が、なんだか違う道のように

思えます。庭で、お花に水をやっているおばぁちゃんがいました。

「あれ、早起きしてお散歩かい?」と声をかけてくれます。

犬を連れて歩いている人もいます。

風がすーっと頬をなでます。

日曜日の朝は、時間がゆったり流れています。

お休みだから、うきうきしちゃうんだよなぁ、

えりちゃんは、そうつぶやくと家に向かって帰り始めました。

                       (おわり)

にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

|
|

« 雨の妖精 | トップページ | ゆめちゃん »

お話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雨の妖精 | トップページ | ゆめちゃん »