«  出会い | トップページ | 雨の妖精 »

お父さんと花火

 ゆうた君は、小学校6年生。走るのが、遅いのが悩みです。

今日の体育の時間は、リレーの練習でした。ゆうた君は、どきどきしてきました。

順番がきて、ゆうた君が走り出すと、すぐに1人抜かされ、もう少し走ったところで

2人が抜かして行きました。結局、ゆうた君のチームは最後になってしまいました。

 友達が、「ゆうたは、本当に走るのが遅いなぁ。」、「歩いてるんだか、走ってるんだか

わからないんだよ。」と、はやしたてます。

 ゆうた君は、泣きたいのをぐっと我慢して家に帰りました。お父さんが、「ゆうた、花火大会

に行こう。」と声をかけてくれ、連れて行ってくれました。

 打ち上げられる花火は、夜空に咲いた大輪の花のようで、ドーンという大きな音が

おなかに響きます。ゆうた君は、花火をみていると、ちょっとスカッとしてきました。

お父さんが、「父さんも、いろいろ悩みがあったけど、今、こうして大人になって、

働いている。今、つらくても、大人になったら、なんだそんなことかって思えるように

なるさ。」って言いました。

 花火をみながら、ゆうた君はちょっぴり勇気がわいてくるのでした。

にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

|
|

«  出会い | トップページ | 雨の妖精 »

お話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



«  出会い | トップページ | 雨の妖精 »