« 歯医者さん | トップページ | 水泳 »

夏祭り

 今日は、待ちに待った夏祭りの日じゃ。

きょうこちゃんは、朝から、うれしゅうて、うきうきしとる。昼ごはんを食べたら、

はよう浴衣を着せてもらいとうて、お母さんにお願いする。「わかった、わかった。」

お母さんは、金魚の柄の浴衣をひろげて、きょうこちゃんに着せ始めた。

手を広げて、袖をとおすと、帯をきゅっと結んで、できあがり。

きょうこちゃんは、この金魚の柄の浴衣が大好きなんじゃ。浴衣を着て、

夕方まで待つと、遠くで花火を打ち上げる音がきこえてきた。

「そろそろ行こうか。」お母さんは、そう言って、かわいい下駄をはかせてくれて、

歩いて近くの街に行く。夜店が並んでいて、いか焼きのいい匂いをかぎながら歩いていく。

かき氷も欲しいし、りんご飴もええなぁ、綿菓子も美味しそうじゃ。

きょうこちゃんは、キョロキョロしながら歩いていく。

ふと、金魚すくいが目に入った。「これ、やりたい。」お母さんに言って、

金魚すくいをやってみる。金魚は、つるっと落っこちて、紙は破れてしもうた。

お店のおじさんが、おまけにくれた2匹の金魚を、

きょうこちゃんは、大事に大事にもって帰ったんじゃ。

にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

|
|

« 歯医者さん | トップページ | 水泳 »

岡山弁のお話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 歯医者さん | トップページ | 水泳 »