« じゅずまわし | トップページ | お母さんとミシン »

大けぇばあちゃん

 けんちゃんのおうちには、大けぇばあちゃんがいます。

今年で92歳です。大けぇばあちゃんは、けんちゃんが生まれたとき

でぇれぇ、喜んでくれたそうです。けんちゃんに、「おつむてんてん」

や「かいぐりかいぐり」なんて手遊びをしてあやしてくれていたそうです。

けんちゃんが4歳になって、大けぇばあちゃんは、よく物を忘れるように

なりました。台所で、お鍋を焦がすことも多くなりました。

「あーあ、おばあちゃん、もうせんでええけんよぉ。」とお母さんが

言うことも多くなりました。大けぇばあちゃんは、ちょっぴりさみしそうな顔を

して、しばらくは、なんもせずにおるんじゃけど、やっぱり、お鍋を焦がしたり、

水道の水を出しっぱなしにしたりするのでした。

 やがて、大けぇばあちゃんは、寝たままで起きれんようになりました。

けんちゃんが、「おばあちゃん、元気だしてぇよぉ。」と言うと、

にっこり笑うのでした。

 そして、ある朝、大けぇばあちゃんは、笑っているような顔をして、

静かに息をひきとったのでした。

にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

|
|

« じゅずまわし | トップページ | お母さんとミシン »

岡山弁のお話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« じゅずまわし | トップページ | お母さんとミシン »