« 書道 | トップページ | 歯医者さん »

竹野先生

 ひろこちゃんの担任の先生は、竹野先生。

男の先生じゃ。ひろこちゃんは、はじめて男の先生に受けもってもろうたんじゃ。

なんか男の先生はこわそうで、話しにくぅて嫌じゃなぁ・・・、と思よった。

でも、竹野先生はおもしれぇことばぁゆうて、全然こおおねぇし、ひろこちゃんが、

勇気をだして、発表したら、でぇれぇほめてくれる。

毎日、学校に行くんが楽しゅうなった。今日は、雨降りで、行間休みも

外で遊べん。クラスで友達としゃべりょうったら、竹野先生も職員室に行かずに、

クラスにおる。ひろこちゃんらぁが、先生の机をとりかこむ。先生は、

「替え歌を作って遊ぼう」って言いだした。ひろこちゃんが、即興でコマーシャルソング

の替え歌を作ったら、竹野先生は、大笑いして、「ひろこちゃん、なかなか

上手じゃなぁ。」って、ほめてくれる。先生にほめられたんが、うれしゅうて

ひろこちゃんは、替え歌を作り続けた。それから、ひろこちゃんは、

先生と、学校が大好きになったんじゃ。

大人になったひろこちゃんは、今でも竹野先生を思い出すと、

心があったこうなるんじゃ。

にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

|
|

« 書道 | トップページ | 歯医者さん »

岡山弁のお話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 書道 | トップページ | 歯医者さん »