« ポエム 40歳 | トップページ | 雑貨屋さんに布小物も置いてもらえました。 »

夏休みの宿題

 立秋がすぎて、毎日が駆け足のようにすぎさっていく。せぇのに、りょうたくんは、

夏休みの宿題をほとんどしてねぇんじゃ。夏休みは、ゲームをしたり、プールで泳いだり、

毎日、友達とおもしろおかしゅう遊びょうったんじゃ。

 お盆もすんで、さすがに、りょうたくんも焦りだした。あー、まだ読書感想文も書かにゃぁ

おえん。何の本を読もうかなぁ。本を読むんは嫌いじゃねぇ。でも、感想文を書くんは、

苦手じゃ。マンガを読んで感想文を書いたら、先生に怒られるじゃろうなぁ。

お母さんが、こうてきた課題図書を読もうかな?でも、なんか、この本を読んだら、

心にいいよって言われる本って、サプリを飲んだら健康になれるみたいに宣伝しているの

と同じ気がして、なんか嫌だ。ぼくの読みてぇ本をさがしてこようっと。

 りょうたくんは、そう言うと、近所の本屋さんに駆けだして行った。

にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

|
|

« ポエム 40歳 | トップページ | 雑貨屋さんに布小物も置いてもらえました。 »

岡山弁のお話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ポエム 40歳 | トップページ | 雑貨屋さんに布小物も置いてもらえました。 »