« 歴史のべんきょう | トップページ | 春を待つ »

はるくん短歌

昨年の暮れから、書き溜めた短歌です。

よかったら、みてください。

 

 

はるくんにもサンタはくるよ だからもうつかまり立ちはやめて寝ようよ

 

カレンダーが残り少なくなってきて気ぜわしいけど はるさまと遊ぶ

 

はるくんの手がぽっかぽか 眠いのね ばあばの背中ですやすやおやすみ

 

はるくんが寝るまでふたり 根くらべ ゆらゆらゆすって子守唄うたう

 

春を待つ はるくん窓辺にちゃんこして お顔を窓にくっつけている

 

聖子ちゃんの「赤いスイトピー」歌ったら 背中ではるくん うっとり眠る

にほんブログ村 ポエムブログ 日常詩へ
にほんブログ村

|
|

« 歴史のべんきょう | トップページ | 春を待つ »

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 歴史のべんきょう | トップページ | 春を待つ »