« すずめの子 | トップページ | 短歌 »

ちいさな秋

十月一日発売の 「詩とファンタジー」の

最後まで候補に残った作品に選ばれていました。

 

本に載らなくても、残っただけで、とてもうれしいです。

「ちいさな秋」という詩でした。

 

 

ちいさな秋

 

はるくんに

ちいさな秋をあげました

 

腹巻き付きの ふかふかパジャマ

 

毛糸のぼうし

 

ひいじいちゃんが咲かせた黄色い小菊

 

それから

さいの目に切った庭の柿の実

 

はるくんは

ちいさなお手てで

ちいさなお口に

はこびます

 

はじめての秋の味に

はるくん にっこりわらいます


にほんブログ村

|
|

« すずめの子 | トップページ | 短歌 »

標準語の詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« すずめの子 | トップページ | 短歌 »