2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

のっぽのみー

イラストレーター・山本あき子

ぽあらの心語り

JUBILEE

  • JUBILEE
    ぽあら の作品を販売してもらっています。

岡山人ブログ

時空モノガタリ

こぐまの日記

あんどん

  • あんどん
    レンタルボックスをお借りしているカフェです。

« ねるのがきらいなはるくん | トップページ | 春よ けぇ »

2018年1月16日 (火)

ふきのとう

  ふきのとう

 

 はるくんは、四さいの男の子。

 おばあちゃんが、でぇすきなんじゃ。

 一月になって、半分すぎた。

 おばあちゃんは、庭にでちゃあなんかさがしょうる。

「何さがしょん?」

 はるくんが聞いたら、おばあちゃんは、

「はるをさがしょんじゃ。」

ゆうて、わらようる。

「はるくんを?」

 はるくんが聞いたら、

「あはは、ちがう、ちがう。ふきのとうをさがしょんよ。」

ゆうて、柿の木の下をみゅうる。

「あった、あった!」

 土から、ちょこっと顔をだしとるふきのとうをみつけて、おばあちゃんは、

「春がちこうなったで。」

ゆうて、ニコニコしょうったんじゃ。


にほんブログ村

« ねるのがきらいなはるくん | トップページ | 春よ けぇ »

岡山弁のお話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ねるのがきらいなはるくん | トップページ | 春よ けぇ »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ